邂逅。 (宇田川)

どうも。

つい最近の出来事なのですが。


某チェーン店にて、マイブームの一人焼き肉に洒落込んだ時のこと。


隣の席の肉団子のようなシルエットの青年が、何やら馴れ馴れしく声をかけてくる。








『マネージャーじゃないですか~』











誰やねん。










いや、よく見たら見覚えがある。











今にも左右繋がりそうな両津勘吉ばりの太い眉。

ジャングル育ちと言われても信用しそうな浅黒い肌。

鏡餅のような三角形のだらしないフォルム。









分銅じゃん。








『いや~こんなところで奇遇ですね~』





相変わらず無意味に違和感のある喋り方をする奴だ。



見慣れないTシャツ姿が余計暑苦しさを感じる上に、

何やら焼き肉の脂で顔もてかてかしている気がする。









…あれ?よく見たら連れがいる。


分銅よりは少し年下の大人しそうな女子だ。











え?もしかして彼女?













『妹です』











ほう。



分銅の妹だからさしずめ…









フラスコちゃん?

(なわけあるかい)









思わぬ邂逅となったものの、

本来『孤独のグルメ』の井之頭五郎さんばりに一人飯を愛する私は、

なおもごにょごにょ喋り続けるダルマボーイを無視して席につこうとする。



がなんと、信じがたいごとに分銅は妹を放置して私の席に移動してきた。

今から肉を焼こうとしている私の対面で上機嫌で喋り始める。


なんだこいつ。





いっそ私の方がフラスコちゃんの方に移動してお話でもしてみようかとも思ったが、

さすがに18歳未満は色々まずい。




諦めて分銅の話に相槌を打つフリをしつつ肉を焼くことに集中する。

分銅トークよりも店内を流れるあいみょんに耳を傾けていたら、

さすがにフラスコちゃんに急かされたのか席を立つ分銅。



これからまた二人でどこかに出かけるらしい。


それにしても、兄弟仲の良い事で少し眩しい。

私の妹など、中学にあがった段階で殆ど口もきいてくれなかったものだが。






さて、予想外の展開になったランチタイムも終了となった。



…今後このお店に若干来づらくなったな、などと胸中で感じつつ。






カフェ ロゴ.png





それではまた。
(オチ無し?)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント